公民館での支援ネットワークの講演会

今日は,岡山市の吉備公民館にて,岡山高齢者・障害者支援ネットワークの活動の一環として,地域の方達を対象として,講演会,相談会が開かれ,参加しました。

専門職の集まる支援ネットワークは,主に法人としての成年後見人の活動を行っており,それだけでも大変な重責ですが,活動の幅を拡げることができないか,普段の活動の場とは異なる場所で,支援ネットワークを知らない方とも関わりを持つことができれば,という考えで,地域の公民館で講演会や相談会を試みています(このような活動を行う動機は,当ブログの2017.3.20投稿の「高齢者の貧困と社会的孤立」の項で触れているところでもあります)。

今回で5回目となった講演会は,平松理事のエンディングノートのお話しの内容,そして支援ネットワークの事務局の広報の努力の甲斐もあって,多くの方にご参加頂き,これまでにない盛況ぶりとなりました。ご来場下さった方々には,どうも有り難うございました。

次回も是非,ご参加頂ければ幸いです。

公民館の前にある犬養毅の像と石碑です。

 

 

 

関連記事

  1. 2016年 雑感
  2. 高齢者の貧困と社会的孤立
  3. 事務所移転しました
  4. 四日市
  5. 2018年を振り返って
  6. 名称が、河田 大本 寺山共同法律事務所に変わります
  7. 秋のバラ
  8. 秋のバラ ②

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP