当事務所のご案内 在籍弁護士のご紹介 トップページ 掲示板 お問合せ リンク集

■ 2016/07/12
憲法改正の限界
今の憲法は、自民党の憲法改正草案の改正論議を認めていません。今の憲法は国民主権主義、基本的人権の尊重、恒久平和主義を基本原理とします。そして、国会議員ら権力側にいる方の今の憲法尊重義務が憲法上規定されています。これらの原理を否定する自民党の憲法草案を審議することすら憲法は認めていないのです。野党が憲法草案を示さないのは当たり前です。今日のNHKの番組で枝野さんが、対案は日本国憲法そのものだといったのはそのとおりです。
憲法改正論議は、なされるとすればどの条文をどのように改正する必要があるのかの具体的提案から入るべきです。その範囲で憲法基本原理に反しない限り、憲法改正の論議にはいることになります。自民党の憲法草案をたたき台として審議するということは革命を起こすということです。そんなことが国会で議論することがおかしいことは誰でもわかることです。自民党改正草案に基づく改正論者は今の憲法の全部否定であり、革命論者です。
関連リンク:

■ 2016/07/08
アベノミクス
「アベノミクス」のどこがいいんだろう?円高・株安、実質賃金は低下し、年金不安は高まるばかりで結果はでてなく、そのことは本人も認めている。それでも「ふかしてふかして」経済成長を夢見るのだろうか。それは、まさにマネーゲームをくりかえしているだけだ。株式市場に年金資金をつぎこみ、PKO(Price Keaping Operation)で一時的に景気がよくなっているように見えただけである。しかも、多額の年金資金を失っている。老後の資金を悪徳商人に投資につぎ込まされて破産に追い込まれた相談者と同じことが国で起きている。こんな相談を受けるときに、老後の資金は確実に運用できるところ以外に預けてはならぬことをアドバイスする。
アベノミクスでマネーゲームを続ければ、やがて高齢者破産の実態が国レベルでおきてくる。
関連リンク:

■ 2016/07/08
アベノミクス
「アベノミクス」のどこがいいんだろう?円高・株安、実質賃金は低下し、年金不安は高まるばかりで結果はでてなく、そのことは本人も認めている。それでも「ふかしてふかして」経済成長を夢見るのだろうか。それは、まさにマネーゲームをくりかえしているだけだ。株式市場に年金資金をつぎこみ、PKO(Price Keaping Operation)で一時的に景気がよくなっているように見えただけである。しかも、多額の年金資金を失っている。老後の資金を悪徳商人に投資につぎ込まされて破産に追い込まれた相談者と同じことが国で起きている。こんな相談を受けるときに、老後の資金は確実に運用できるところ以外に預けてはならぬことをアドバイスする。
アベノミクスでマネーゲームを続ければ、やがて高齢者破産の実態が国レベルでおきてくる。
関連リンク:

・NewsRelease全件表示





2005年12月〜2006年5月までのブログは、
以下よりご覧いただけます。
河田英正のブログ(旧)
大本 崇のブログ(旧)
(旧ブログへの書き込みはできません。)